理事長挨拶

2020年6月30日付で理事長に就任いたしました小池でございます。本財団の発展に精一杯尽くす所存ですので、引き続き皆様方からのご支援とご指導を賜りますようお願い申し上げます。

当財団は、協和発酵工業株式会社(現協和キリン株式会社)の創立者である故加藤辨三郎博士の「科学技術の振興を図り、社会の発展に貢献したい」という遺志を実現すべく、1988年(昭和63年)に設立されました。以来、役員や選考委員の先生方のご尽力、またご寄附をいただいた協和キリンや個人の方からのご支援によりまして今日に至ることができました。心より御礼を申し上げます。

設立当初より、バイオサイエンスの基礎分野において創造的かつ先駆的研究を目指す若き研究者に対し、2019年度までに延べ736名の研究助成、893名の国際交流助成、265件の学会等開催助成を行いました。その助成金の総額は17億3833万円となり、それとともに、24回に及ぶ公開シンポジウム等の開催とその内容の出版により、バイオサイエンスの啓発にも取り組んでまいりました。

従来よりメディカルサイエンス分野、バイオテクノロジー分野の研究支援を行っておりますが、バイオテクノロジー分野の一領域として「社会の発展」に資する事が大いに期待される環境バイオ分野の基礎研究への支援を、昨年度より開始しております。また、当財団の理事・評議員から若手研究者へ向けたメッセージの発信をしております。合わせてご覧いただければ幸いに存じます。

理事長 小池 正道

財団について

  • ID・パスワードは、登録時のメールに記載されたIDと任意のパスワードです。
  • パスワードを忘れた方は、こちら