? 学会等開催助成 Q&A ?

よくある質問 回答

助成対象について

Q1
助成対象の「学会・研究会等」の範囲はどこまでですか。
研究発表に対して研究者による研究討論が行われる会であれば、どのようなものでも構いません。ただし、講演会主体のものは除きます。
Q2
国外開催の学会・研究会を申請する場合の申請資格はありますか。
開催責任者(共同主催者を含む)は日本国内の大学や公的研究機関に所属する研究者(国籍は問わない)、及び海外の大学・研究機関に所属している日本人研究者。代理申請者を置く場合は日本在住の研究者(国籍は問わない)に限る。
Q3
国外開催については「日本人もしくは日本在住研究者の出席が一定数期待されるもの。」とありますが、「一定数」の基準は何ですか。
特に定めません。申請書に見込みを記載ください。
Q4
国外開催の場合の助成金受渡方法は。
原則として国内口座への日本円での送金とします。
Q5
開催責任者の定義は何ですか。
学会長や年会長、大会長に相当する役職の研究者です。「若手の会」等ではそれに相当する役割の大学院生でも構いません。
Q6
代理申請について詳しく教えてください。
申請の責任者はあくまでも開催責任者ですが、組織委員・事務局長等による代理申請を認めます。ただし代理人の資格は研究者に限ります。学会等の事務職員、業務委託先の業者による申請は不可です。代理申請の際には代理人が研究者登録し、IDを取得してください。開催責任者の情報は助成申請情報欄および申請書に登録ください。
Q7
英語での申請は可能ですか。
可能です。ただし、英文の申請書用紙は用意していません。なお、財団からの諸連絡(メールを含む)は日本語で行います。
Q8
助成申請情報に記載する「予算額」とは何を含めた額ですか。
会場費、印刷費、運営人件費、飲食費、講師招聘経費、など全てを含めた額です。概算で構いません。

よくある質問

  • ID・パスワードは、登録時のメールに記載されたIDと任意のパスワードです。
  • パスワードを忘れた方は、こちら